レディ

いぼができる原因によって治療をするべきかが変わります

特徴を把握して選ぼう

注射器

治療方法はさまざま

いぼを切除するときに気をつけることがあります。切除方法はさまざまですが、それらの特徴をきちんと把握した上でどれにするかを決定することです。まず、そもそもいぼには、良性のものと悪性のものがあります。良性のものであれば、除去する必要はありません。健康に影響があるのは、あくまでも悪性のものです。しかしながら、良性のものであっても見た目が嫌という人は施術を受けるといいでしょう。病院の皮膚科や美容クリニックでは、レーザー治療と液体窒素の2つの治療方法が用意されています。女性に高い人気があるのはレーザー治療です。これはレーザーを使っていぼを根っこからくり抜くという施術です。いぼの根元にはウイルスが潜んでいるので、根元から切除しないと再発する可能性があるのです。根っこからくり抜くといっても、出血はほとんどなく、肌に対するダメージはあまりありません。しかも、レーザーを照射する部位はあくまでもいぼ本体で、傷口が広がって周辺の皮膚組織が傷つく心配もありませんので、安心して受けられます。したがって、傷跡が残りにくいというメリットもあります。施術料金の相場としては、2000円から5000円程度です。近年は炭酸ガスレーザーという新しいタイプも登場しています。炭酸ガスをいぼに噴射して熱を発生させて、その熱の蒸発で除去するという方法です。麻酔を使うので、傷みを感じてもチクッとする程度で、一週間も治療すれば高い効果を得ることができます。他には、液体窒素による治療法もあり、液体窒素を使っていぼを焼いて切除するというものです。まず綿棒に液体窒素を噴射します。それから、その綿棒をいぼに直接当てて意図的に低温火傷を生じさせて焼き切ります。液体窒素の温度がマイナス196度なので、確実に壊死させることができます。施術後はしっかりとアイシングをする必要があります。レーザー治療は二度といぼができなくなるという半永久的な効果があるのに対して、液体窒素の場合は一時的な効果になります。それはいぼの表面を消失させるだけであり、根元を除去していないからです。しかしながら、液体窒素を利用した施術では、短時間で治療することができますし、施術料金がとても安価というメリットがあります。もともとの値段が安い上に健康保険の適用も可能なので、できるだけコストを抑えたい人にはおすすめです。一時的な効果といっても、半年程度は再発することはありませんので、頻繁にクリニックに通う必要はありません。このようにいぼの除去にはいくつかの方法がありますが、個人が好きに治療方法を選択できるわけではありません。良性か悪性か、体のどの部位にあるいぼかで最適な治療方法は異なるので、治療前に医師とよく相談して決めましょう。

Copyright © 2017 いぼができる原因によって治療をするべきかが変わります All Rights Reserved.