レディ

いぼができる原因によって治療をするべきかが変わります

ありとあらゆる治療方法

カウンセリング

メリットが異なる治療方法

いぼが身体にできてしまうとどうしても気になってしまい、切除をしたいところです。このいぼを取り除ける場所ですが皮膚科などの病院で取り除くことができます。切除方法としてはいくつかあり、定番のレーザーや古くからある液体窒素と電気メスを用いる電気焼灼法などが治療方法として存在しています。治療方法として一般的に用いられているレーザーはいぼそのものをくり抜いて行われることが多いです。患部の状態をみて、それに適したレーザーを使用するため、肌が受ける負担はそれほど多くはありません。またレーザーのため治療時に出血を伴うこともあまりなく、レーザー自体も痛みもそれほどありません。また取り除く場所に対してピンポイントで治療を行うため傷跡があまりの残らないのもレーザー治療の特徴の1つです。また再発があまり起きないとされています。レーザーによる治療期間は3ヶ月から6ヶ月ぐらいかかるとされています。ただし個数や大きさなどによって期間はまばらです。また保険適用外となるので費用は病院によって大きく変わります。最近ではレーザーによる治療が主流ですが昔からある治療方法として液体窒素による除去があります。これはその名の通り液体窒素でいぼを焼いて除去をします。使われる液体窒素はマイナス190℃以下のものが用いられ、意図的に低温火傷を引き起こして行うので、かなり強い痛みを伴う方法です。処置が終わった後はもちろん皮膚は火傷した状態です。そのためそのまま放置すると傷口からウイルスが侵入する危険性があります。そのため、傷口のケアをする必要性があります。また液体窒素での治療方法は場合によっては数回行う必要があり、1年程度の年月が経つ場合もあります。短くても3ヶ月は治療に当たる必要があります。ただし保険が有効なケースが多いので安くいぼの切除が可能です。電気メスを用いて行われる電気焼灼法は、局所麻酔をしてから行われます。そのため手術中に痛みを感じることはありません。ただし麻酔が無くなると少しの痛みは感じます。また出血が少ないのもメリットの1つです。治療後は手術した箇所の患部はへこみますがこれは一時的なものです。2週間もあれば目立たなくなります。また数ヶ月も経てば治療した跡はほとんどの人が見ても手術したとはわからないほど、跡は無くなります。施術期間は他の治療方法と比べると短い利点があり皮膚への負担も少ないです。ただし皮膚が厚い箇所への施術には不向きとされています。いぼを切除する場合は自分では行わず、専門機関でしっかりと切除するようにしましょう。治療方法によって施術期間や施術によって得られるメリットや費用も変わってくるので自分にあった治療方法を選んでから病院へ行くと良いです。

Copyright © 2017 いぼができる原因によって治療をするべきかが変わります All Rights Reserved.