レディ

いぼができる原因によって治療をするべきかが変わります

大きさやタイプで違う療法

カウンセリング

治療の特徴や利点

いぼを除去するには液体窒素を使用した方法やレーザー施術などがあり、いぼの大きさによっては切除するなど様々な方法がとられます。代表的な治療法の一つが、マイナス196度の液体窒素で患部に塗布し、凍らせて除去する液体窒素療法です。治療は液体窒素でいぼを急激に凍らせることで、表皮の細胞を破壊し、除去するといった方法で行われます。具体的には綿棒やガラス棒などに液体窒素を染み込ませて塗布したり、スプレーで染み込ませるジェットスプレー式での治療です。綿棒を用いて直接塗布する方法が主流ですが、ジェットスプレー式は、圧力をかけて液体窒素を噴霧することができるため、浸透しやすく痛みも少ないと言われています。治療中は患部にドライアイスを押し付けられるような感覚で、冷たいと言うよりも痛いと感じる人もいます。液体窒素療法は低温でやけどを起こして皮膚の再生をする方法なので、治療後は痛みがあったり、数日してから水泡ができたりすることもあります。治療してから一週間から二週間ほど経ってかさぶたが剥がれ落ちることで、とりあえずは無事に除去が完了です。液体窒素療法は主にウイルス性のいぼの治療に用いられます。ウイルス性の場合、原因となるウイルスが皮膚に根深く残っている可能性があります。かさぶたが落ちていったん治療が成功しても、再発することも考えられ、再発した場合は数回の治療が必要です。治療期間は三カ月から一年が一般的だと言われており、液体窒素は痛みが伴うこともありますが治療費用は保険適用になる場合が多く、安く済ませることができます。いぼの治療でもう一つ代表的なのが、レーザーを使用していぼをまるごとくり抜き切除する、レーザー治療法です。レーザーを用いて行われる治療法は出血が少ないため痛みも少なく、傷痕も残りにくい治療法だと言われています。レーザー治療は液体窒素と比べて完治率が高く、何度も治療に通う必要がないため、傷痕を残したくない方や何度も通院することが難しい方に向いた治療法です。液体窒素と比べてもいぼを完全に切除できる可能性が高く、局部麻酔を使用するため痛みの少ない治療ですが、自費治療となることがほとんどです。保険適用外となることが多いレーザー治療法は、液体窒素療法よりも治療費が高くなってしまう可能性があります。液体窒素療法やレーザー治療のほかにも、電気メスを使っていぼを切除する電気焼灼法と言う治療法も選択することができます。電気焼灼法は一度に複数の処置ができるため、小さないぼが複数ある場合に、一度で除去するのに向いた治療法だと言われています。局部麻酔を使用して行われるので痛みも少なく、皮膚の中にあるいぼの原因である部分まで除去することができるので、完治を目指すことも可能です。小さないぼの治療に向いているため、大きいと切除しきることが難しい場合もありますが、皮膚への負担が少ない治療法です。これら治療は美容整形クリニックで行われているので、自分と相性がいいクリニックを探してみるのがおすすめです。

Copyright © 2017 いぼができる原因によって治療をするべきかが変わります All Rights Reserved.