触りたくなる肌へ

いぼができる原因によって治療をするべきかが変わります

何故いぼが出来るのか

医療器具

目立つ場所にいぼができるとどうしても気になってしまうでしょう。また、いぼには皮膚の表面に出てくる膨れたものや膨れてはいないものの潰れたようなタイプまで様々な種類があります。さらに、ふとした時に気付くことが多いのでいつ出てきたのかと分からないケースがほとんどです。ですから、なぜ出てきたのか原因が分かっていない人も多いといえます。しかし、いぼが出来るのには必ず原因があるので知っておいて下さい。そうすれば、切除を伴う治療になることは避けられるでしょう。また、できやすいといわれている2つの原因について説明します。

いぼになりやすい原因の一つとして挙げられるのが加齢です。年をどんどん重ねるといぼができやすいといわれています。この理由には、肌のコラーゲンが減少したり紫外線に当たっていたりすることの蓄積となります。紫外線が肌に当たると負担をかけてしまい細胞に刺激を与えてしまいます。刺激を与えることで細胞が活発化し、いぼができると考えられるのです。また、コラーゲンなどの肌を綺麗に保つ上で重要な成分が加齢によって減少すると首の近くや脇周辺にいぼが発生する可能性が高くなります。これらは、引っ掻いたり衣服と擦れたりしやすい場所になるので刺激を与えることに繋がってしまうでしょう。そうなると、炎症などの肌トラブルを引き起こす可能性もあるのです。ですから、切除をするなどの適切な治療を受けるようにして下さい。しかし、加齢によるいぼは良性のものになるので気になれば治療をしても問題ありません。その一方、ウイルス性のいぼができてしまうと厄介になります。このタイプは、免疫力が落ちていたり怪我をしていたりするタイミングで出てくる可能性が高くなるのです。また、ウイルスが付いているタオルや布団を使うと感染する場合があります。その為、このウイルス性のいぼは外部から感染して出てくることが分かるでしょう。さらに、そのままにしておくと人に移ってしまうのですぐに治療を始めることが重要です。治療中に注意しておくべきなのが生活用品はできるだけ分けて使うことになります。このようなことに気をつけておけば人に感染が広まらないでしょう。いぼが見つかって早急に治療をすれば症状が悪化することはないので安心して下さい。このように、いぼができる原因は様々あります。原因を把握して状況に応じた対処をしましょう。

特徴を把握して選ぼう

注射器

いぼを切除したい人は注意する点があります。それは施術方法の特徴をきちんと把握した上でどの治療方法にするかを選ぶことです。代表的なものとしてレーザー治療と液体窒素による施術の2つがあります。それぞれ費用や効果に違いがあるので、よく比較して自分に合った施術方法を選びましょう。

大きさやタイプで違う療法

カウンセリング

いぼにはウイルス性のものがある他、皮膚の老化によってできるものなどがあり、原因や種類は人によって違います。治療法は液体窒素やレーザー治療が代表的で、どの治療法で切除するかは、それぞれのメリットやいぼの原因によって判断することが大切です。

専門医に任せよう

顔を触る婦人

首回りなど目立つ場所にいぼができた場合には、早めに専門の医師に相談をすることが大切です。いぼを切除する方法には、レーザーと液体窒素を使った治療法があります。自分に合った治療法を選択するためにも、医師としっかり相談をしましょう。

ありとあらゆる治療方法

カウンセリング

いぼの切除方法にはいくつか方法があり、再発しにくいレーザーや古くからある治療方法の液体窒素、施術期間が短い電気焼灼法などがあります。それぞれの治療方法によって費用や期間が変わってくるので治療の際は自分にあった治療方法を選択しましょう。

Copyright © 2017 いぼができる原因によって治療をするべきかが変わります All Rights Reserved.